焼烏呑へメールを送りたい方はここをクリック

2005年08月03日

信頼度の高い格言

囲碁には、格言がたくさんある。なかには、あまりアテにならない格言もあるけども、「コウ」にかんする格言が信頼度が高いと思う。

9子局。序盤から石がぶつかり合い、のっぴきならない戦いに突入している。
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼●○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼●○┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤16
15├┼┼●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├●●◇●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤04
03├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
ここで、黒はC15と用心(?)したのだが、序盤で白をつぶすチャンスを逸してしまった。
ここは、「先コウ取るべし」という格言の通り、E17とコウを取るべきだった。コウを取られると白は困ってしまう(まさかF16とツグわけにも行かず・・・)。白どこに打っても、「初コウにコウなし(初碁にコウなし)」の格言どおり、F16と抜いてしまおう。

出来上がった図は、
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼●┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼●┼◆┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤16
15├┼┼●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├●●○●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┤04
03├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**

上辺の白のヒサンな姿。梶原先生じゃなくても「オワ」と叫びたくなるでしょう。
特に上手にコウを仕掛けられると萎縮してしまうかもしれないけど、本当に怖いのは白の方かもしれない。特に序盤のコウはおそるに足らずといっては言いすぎかな?
posted by 焼烏呑(やきうどん) at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 烏鷺うろ日記(囲碁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二手以上かけねば格好が決まらないのが不安であるという点も含め、コウというのはリスキーに見えるのでしょうね。

コウに敗れた時に被る損害を想像(想定ではない)してマキシミンな心理(同じく「原理」ではないw)が生じることも見逃せません。しかしそれ以前に「コウを争う煩わしさ」を嫌っているように感じられるケースも多いです。

たいてい初心者さんはほぼ全局を通じ、一部分のみをシングルスレッドで評価することで打ち進めています。そのため当面の評価対象がコウの現場とコウダテの二ヵ所に物理的に分岐することが手に余る大事に見えてしまうのかもしれません。ましてソバコウなどが絡めばパニックとさえ呼べる状態になるかも。w

書きながら、結構面白いテーマに思えてきたっぽい。:-)
Posted by zaruya at 2005年08月07日 03:25
zaruyaさん、いつもありがとうございます。
「コウは碁の華」とは言いますけど、この華の愛で方を初心者に伝えるのは難しいですね。
確かに初心者・・・いやかなり級が上がってからもですが、視点は一点集中。その一点に集中している時に「コウ」という難物が出現することによって、否が応にも他の点に目を向けざるを得なくなる。それまでは、(善悪は別として)上手の打った石の近くを打っていれば良いと思っていたものの、さあコウ立てだ・・・他の場所は見ていないから分からない・・・。
コウの戦い方は難しいですね。入門者にどう教えたらいいのか。結構良いテーマになりそうですね。


いっそ、斧が腐るまで取り合ってみるのも良いかもしれませんが。
Posted by 焼烏呑 at 2005年08月16日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5578630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。